« 肩こり解消のポイント ① | トップページ | 肩こり解消のポイント ③ »

2005年9月19日 (月)

肩こり解消のポイント ②

 歩くときに、『肩を後ろに引く』ことを意識すると、振り子運動によって、肩の筋肉の血行がよくなり、肩こりの解消につながります。

 もちろん、おなかをへこませ、頭を肩の上にのせて、顎を5度引いた、良姿勢であることはいうまでもありません。

 前に腕を振るのではなく、体の脇から、後ろへ腕を振ってください。

 大股で、一直線上を歩き、骨盤まで前に出すつもりで、胸を張って歩いてください。

 後ろで蹴る足を意識すると、運動量が大きくなります。

 下肢の大きな筋肉を使ってしっかり歩くと、筋肉のポンプの力で、血行が促進され、肩にたまった乳酸などの老廃物も誘導的に排出されて、肩こりの不快な症状が改善されます。

 

|

« 肩こり解消のポイント ① | トップページ | 肩こり解消のポイント ③ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩こり解消のポイント ②:

« 肩こり解消のポイント ① | トップページ | 肩こり解消のポイント ③ »