« グレープフルーツの香り | トップページ | 頭痛持ちの方に »

2005年10月17日 (月)

O脚矯正のストレッチ

 仰臥位で、下肢を伸展し、足関節を背屈内反(踵を突き出し、足指を手前に引き内側にひねる)し、踵は離して、左右の第1趾をつけます。

 大腿内側の内転筋に力を入れることで、股関節は内旋し、O脚の矯正になります。

 そのままの姿勢で、伏臥位になると、体の重さで、開いた骨盤が内側に閉まってきます。

 大腿外側の大腿筋膜張筋と、下腿外側の前脛骨筋を指圧でゆるめておくことも重要なポイントです。

 また、大腿の付け根に両手を重ねて、左右に揺すると、微振動によって、骨盤内の筋肉がゆるみ、さらに効果がアップします。気持ちがいいのでおすすめです。

|

« グレープフルーツの香り | トップページ | 頭痛持ちの方に »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: O脚矯正のストレッチ:

« グレープフルーツの香り | トップページ | 頭痛持ちの方に »