« 血圧を下げる精油 | トップページ | 冷え性のエクササイズのご指摘 »

2005年10月30日 (日)

冷え性のエクササイズ

 冷えを解消するには、末梢への血行促進が必要です。そのためには、筋肉のポンプの力で、血液を末梢に運んであげなければなりません。

 立ったままできる、エクササイズを考えてみました。

 足の冷えには、足を肩幅よりやや狭く開いて、片足を足の長さだけ(20~30cm)前に出します。

 かかとは床につけて、足先を上にに上げていきます。これを、足関節の背屈といいます。足関節の背屈と同時に、足指を開くことで、普段ゆるみがちな足裏の筋肉が緊張して、足指へつながる動脈に、ポンプの力が加わることになります。 

 この時に、膝関節をしっかりと伸ばして筋肉に力を入れます。アキレス腱が伸びて、ふくらはぎの筋肉が緊張します。

 呼吸は、へその下に両手を重ねて8秒ほど息を吐きながら、下肢の筋肉の緊張を維持します。息を吐ききったら、脱力して足先を着地します。

 これを2~3回繰り返すと、かなり血液が運ばれていくのがわかります。

 手の冷えには、ペンギンのポーズをします。

 肘をしっかりと伸ばして、体の真横に30度くらいの角度で腕を上げ(肩関節の外転)、手首を上に反らせます(手関節背屈)。そのときに指をしっかりと開いて、8秒くらい息を吐きながら、上肢の筋肉の緊張を維持します。そして、息を吐ききったら脱力します。

 これを繰り返すとかなり温まると思うのですが、いかがでしょうか?

|

« 血圧を下げる精油 | トップページ | 冷え性のエクササイズのご指摘 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷え性のエクササイズ:

« 血圧を下げる精油 | トップページ | 冷え性のエクササイズのご指摘 »