« 世界ウルルン滞在記 | トップページ | 記号化された視覚を疑う »

2005年11月22日 (火)

インドの紅茶

 インドに旅行する前に指圧をして出かけた方から、『快適な旅行ができました』と、おみやげに紅茶をいただきました。

 さっそく、沸かしたてのお湯で、ティーポットで蒸らしてから飲んでみました。美味しく甘く、今までに味わったことのない味がしました。茶葉は大きく、薄い色なのに、淹れた紅茶は鮮やかな色をしています。

 香りはそれほど強くないのですが、渋みがなく、二煎、三煎しても旨みがあります。

 インド、ゴールデン ティップス ティー社のヴィンテージティー、『ピュア・ダージリン』という銘柄です。

 日本で売っているでしょうか?昔の紅茶はもっと味があったような記憶があるので、最近の紅茶の味にはあまり期待をしていませんでした。オーガニック栽培であるとか、茶葉の扱いとか、その秘訣はわかりませんが、丁寧に仕上げると素晴らしい作品ができることは、指圧にも通じるところです。

|

« 世界ウルルン滞在記 | トップページ | 記号化された視覚を疑う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドの紅茶:

« 世界ウルルン滞在記 | トップページ | 記号化された視覚を疑う »