« 中国の針治療 | トップページ | 旧暦で体を診る »

2005年11月13日 (日)

起きていただく

 施術中に寝ていただくのは、最高の評価ではないかと思っています。

 昨日爆睡した方がいらっしゃいました。あまりの寝っぷりのよさに、起こすタイミングを逃して、およそ一時間半たった頃、とうとう声をかけて起きていただきました。こちらの都合よりも、お客様の予定があるかと思ったからです。

 いびきが寝息に変わり、体がほぐれて、質の良い眠りであることがうかがえました。夢を見るレム睡眠から、脳を休めるノンレム睡眠に移ってしまったようなので、眠りのサイクルである90分を目安に起きていただくことにしました。

 ちなみに、室内芳香浴にレモングラスを3滴使い、マッサージには、クラリセージ3滴、マンダリン1滴、ジュニパー1滴、ローズマリー・シネオール1滴、オリーブ・エキストラヴァージンオイル30mlのブレンドオイルを使用しました。

 乾燥肌・むくみ・生理痛・リラックスを意図したブレンドなのですが、レモングラス・クラリセージ・マンダリンの安眠効果が発揮されたようです。

|

« 中国の針治療 | トップページ | 旧暦で体を診る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起きていただく:

« 中国の針治療 | トップページ | 旧暦で体を診る »