« 起きていただく | トップページ | 心の琴線に触れる »

2005年11月15日 (火)

旧暦で体を診る

 旧暦を体の治療に利用している先生がいるそうです。

 

 旧暦では、5日を一候とし、3候で一気とします。一年を15日毎に二十四節気に分け、立冬は11月7日、11月22日は小雪です。

 15×24は360、地球の公転は円軌道、円は360°、一年は365日。当たり前なのかもしれませんが、数字の符合を考えると、もっと暦に忠実に生きてみることで、生きることが楽になるのかもしれません。

 

 月の満ち欠けや、朝と夜、夏と冬、自然の影響を考えて体を診ることで、クライアントに対して、もっと的確なアドバイスができるかもしれません。

 皮膚の角質は28日周期で生まれ変わり、月経もほぼ28日周期を繰り返しています。

 

 クールビズ、ウォームビズ、サマータイムやウインタータイムで生きることに、自然と共生し健康を保つ秘訣があるのかもしれません。

|

« 起きていただく | トップページ | 心の琴線に触れる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧暦で体を診る:

« 起きていただく | トップページ | 心の琴線に触れる »