« アロマセラピストになりました。 | トップページ | メガネ »

2006年2月10日 (金)

アロマセラピストになるには

日本アロマ環境協会のアロマセラピストになるには、かなりの時間が必要です。

アロマテラピースクールに通う場合がほとんどだと思うのですが、マッサージの資格があるからなんとかなりそうだと思っていると、実はこれが難しいのです。

まず解剖生理学などの学科試験の一次が、四択問題で出題されます。これは、マッサージの試験でもおなじみなので難しくはありません。

しかし、二次試験が論述なので、『小腸について200字で説明せよ』などという問題が並ぶと、これが書けないものなのです。

アロマテラピースクールで学んだ人には二次試験が免除されていて、かなり有利になっています。実技試験も校内でできるので、アロマセラピストを目指していて、時間が作れる方は、アロマテラピースクールに入学するのが無難です。

ただし、男性を受け入れていない学校も多いので、男性でマッサージの資格を持っている方は、私のように独学でも資格の取得は可能です。

トリートメントのビデオやDVDをたくさん見たことと、通信教育でテキストを手に入れたことは、『標準』を知るうえで、とても役にたちました。

また、30症例のカルテ審査があるので、ボディトリートメントをしたうえで、それを客観的に分析する文章力が必要になります。これには、頭を悩ませた人が多いのではないでしょうか。

指圧・マッサージとアロマテラピートリートメントには、微妙なニュアンスの違いがあるように思います。どうかアロマセラピストを目指す皆さん、頑張ってください。

|

« アロマセラピストになりました。 | トップページ | メガネ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アロマセラピストになるには:

« アロマセラピストになりました。 | トップページ | メガネ »