« 今井メロ選手の痛み | トップページ | 涙とトマト »

2006年2月15日 (水)

続・今井メロ選手の痛み

 今井メロ選手は腰椎捻挫ということなので、言い換えれば、椎間関節が亜脱臼したギックリ腰という推測は正しかったようです。

 

 あの動けない感じから、『腰を打ったようです』というアナウンサーのコメントには、違和感を覚えていました。治療家のセンスは、こんなシーンでも試すことができます。

  

 今日、膝が痛いという方に指圧をしたのですが、接骨院に行って治療の説明にわからないことがあったので、鈴木指圧院に来たそうです。セカンド・オピニオンを求められたということです。

 

 接骨院では電気をあててから、膝から下を中心に柔捏(ねじる・もむ)したそうです。

 

 私は、全身指圧をしてから、大腿四頭筋の外側と、縫工筋膝上部の硬直を緩める手技をしました。この時点で、サポーターなしでも歩行時の痛みはなくなっていましたが、大腿四頭筋と内転筋のストレッチを教えて施術を終えました。

 

 治療家に必要なのは痛みに対する視点(観察力)であると思います。症状から部位の状態を想像して、的確に痛みの緩和をはかることができなければなりません。そして、経過の予測と治療方針を平易な言葉で伝えられる、コミュニケーション能力も欠かせません。

 

 あらゆることが、感覚を試すテストになります。

|

« 今井メロ選手の痛み | トップページ | 涙とトマト »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・今井メロ選手の痛み:

« 今井メロ選手の痛み | トップページ | 涙とトマト »