« 指圧か、アロマオイルマッサージか | トップページ | 指のケガ »

2006年2月27日 (月)

気づきの治療

 指圧やマッサージなどの手技療法は、『気づきの治療』と言われることがあります。

 自分の体全体に施術されることで、痛む場所や気持ちのいい部位を確認する時間であるとも言えます。

 不調な部位をあきらかにすることで痛みの原因を納得し、安心し、余計な不安を払拭して、現実を認識することができます。

 つまり、『あきらめる』ことにつながります。過剰な期待も、過剰な不安も、体の状態を改善することはありません。

 自分の今のマイベストな状態をつくるには、周囲の援けが必要な病態も多いのですが、誰かのせいにするのではなく、自分のできる努力を続けていくのが、生きるということではないでしょうか。

 たくさんの心の病んだ方に施術をしながら、よく感じることは、できる努力目標に気づいて、それを続けてほしいということです。

 施術をしながら、心も体も前向きにできる簡単なストレッチを提案していくのが、鈴木指圧院のスタイルです。そのためには、やはり全身施術にこだわっていきたいと思います。

|

« 指圧か、アロマオイルマッサージか | トップページ | 指のケガ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気づきの治療:

« 指圧か、アロマオイルマッサージか | トップページ | 指のケガ »