« 脳梗塞 | トップページ | 伝えたいこと »

2006年3月 6日 (月)

腹痛と指圧

 指圧は、筋肉のこりをほぐすだけでなく、骨格の矯正と内臓機能の調整をして、心身の健康を増進する手技療法です。

 『なんとなくおなか痛い』というようなとき、指圧がとてもよく不調を改善する場合があります。

 重篤な内臓疾患が考えられる場合は、医療機関への受診を勧める必要があるので、鑑別をするための知識の吸収と、腹診の際の注意を怠ることはできません。

 全身指圧後は、下垂した内臓の位置が調整されて、胃腸の働きが改善します。

 また、胃経の下肢前側や、大腸経の上肢外側など、経絡を利用することで、胸腹部以外の場所から、内臓の調整をすることができます。

 そんな『おなかの痛み』で予約がある今日のような日は、指圧をわかってもらっているクライアントがいることを嬉しく思うと同時に、最高のパフォーマンスをしなければと、身が引き締まる思いです。

|

« 脳梗塞 | トップページ | 伝えたいこと »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹痛と指圧:

« 脳梗塞 | トップページ | 伝えたいこと »