« 安静を指示する | トップページ | 微調整 »

2006年4月17日 (月)

頬杖とため息

 頬杖は、肘が固定されて手掌や手指で安定した圧の得られる姿勢です。指圧を説明する上で、具体的な形であると思います。

 指圧やマッサージは、圧をかけている時に自然と腹式呼吸をしてもらうことになります。二酸化炭素を深く吐き出して、新鮮な酸素を体内に取り入れてもらうための施術です。

 デトックスであり、酸素カプセルに入ったのと同じ効果があるはずです。

 頬杖をついてため息をつくのはマイナスイメージがあるかもしれませんが、ツボ圧しの刺激と、デトックス効果が期待できます。

 涙が出ればカタルシス(浄化作用)によって、前向きな気持ちも生まれるでしょう。

 何もできずに落ち込んでいる時間も、人生の中では重要であると思います。指圧やマッサージ後の爽快感は、愚痴やため息や涙を、上手な頬杖で浄化できたからだと思います。

|

« 安静を指示する | トップページ | 微調整 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頬杖とため息:

« 安静を指示する | トップページ | 微調整 »