« 平成17年度の最後の日 | トップページ | 青色の効果 »

2006年4月 2日 (日)

姿勢が改善した頚椎症

 1ヶ月ほど前に、頚の痛みで施術をした20代の男性が指圧に来ました。

 最初に見たときには、イマドキの若者で、いきがって、がに股・猫背なのかと思いました。

 整形外科で、頚椎が歪んでいると言われたそうでしたが、全身指圧後は頚のストレッチをしても問題なく、それほど悪いものを感じませんでした。

 昨日指圧に来て、問診のときに椅子に座ってもらうのですが、その姿勢の良さに驚きました。

 指圧後、2週間は痛みもなかったそうです。2週間もてばたいしたものです。

 指圧やマッサージは『気づきの治療』です。指圧をしてみると、筋肉は柔らかくなり、圧したときに気持ちよく指が沈みます。

 何かを感じ取る感性があったのだと思います。教えたストレッチを続けたり、痛みが出ないよう、姿勢に気をつけるようになったのでしょう。

 良い体には、こちらから強く働きかける必要はありません。こちらも気持ちよく指圧をさせていただいて、施術を終えました。

 外見で人を判断してはいけないことを改めて思いましたが、外見は別人のように『格好良く』なっていました。

|

« 平成17年度の最後の日 | トップページ | 青色の効果 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姿勢が改善した頚椎症:

« 平成17年度の最後の日 | トップページ | 青色の効果 »