« ラベンダーとの出会い | トップページ | タッチ&レスポンス  »

2006年9月 9日 (土)

昇圧作用のある精油

 低血圧の方に「血圧を上げるにはどうしたらいいか」と聞かれることがあります。

 指圧やマッサージの触圧刺激では、速いテンポで短時間の刺激をすれば交感神経が刺激されて血圧が上昇します。ボクシングのラウンド間にセコンドがするマッサージや、力士が取り組み前に顔や体を叩いているのは、体の刺激により交感神経を緊張させて戦闘モードに入るためです。

 痛い刺激や急激なストレスも血圧を上昇させます。しかし、これは望んですることではありません。

 低血圧を改善するには、息が切れるくらいまで速足で歩くことを毎日の習慣にすることです。朝が弱い場合は、布団の中でストレッチをしたり、体をリズムよく軽く叩いてから起き上がり、熱めのシャワーを浴びます。

 浴室にペパーミントやユーカリ、ローズマリーなどケトン類の芳香成分を含む精油を2~3滴たらしてシャワーを浴びると、昇圧作用があり体にエンジンがかかりやすくなります。もちろん、香りを嗅ぐだけでも効果があります。

 ローズマリーは少量の使用では血圧降下作用があるので、少し多く使ったほうがよいようです。

 精油というと、ラベンダーなど鎮静効果のあるものに目が行ってしまいがちですが、興奮作用のある精油もTPOに合わせて使いこなせるとアロマテラピーの世界が広がります。

|

« ラベンダーとの出会い | トップページ | タッチ&レスポンス  »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇圧作用のある精油:

« ラベンダーとの出会い | トップページ | タッチ&レスポンス  »