« “右の肩こり”の施術例 | トップページ | “うつ”と桂枝雀さん »

2006年9月24日 (日)

点描と線描のボディアートとして

 指圧は点描画のように、マッサージは線描画のように、体全体を描くことだと思います。

 丁寧で緻密な施術をすれば、その芸術性はともかく、人間の体を一枚の絵として描きあげたことになります。

 正確なポイントをとらえていけるようになるのが理想ですが、その感覚がまだはっきりしないというセラピストの方は、手数を多くするということも丁寧で緻密な施術を生み出します。

 指圧は点で線を描いていきます。ツボ一点ではなく、ツボの流れである経絡全体に作用するように点圧を線に結びます。アロマトリートメントは指圧と比べると大きな筆を使って一気に線を描くことになります。気を集中して手掌で線を描くのがアロマトリートメントです。

 大芸術家のパフォーマンスでは書き損じはできないところですが、指圧やマッサージはむしろ微調整しながら書き直しをしていくパフォーマンスだと思います。

 まず体のラインにふわりと触れて、体全体を点描し、線描していきます。施術に悩んでしまったら、そんなふうに考えてみるのもいいと思います。

|

« “右の肩こり”の施術例 | トップページ | “うつ”と桂枝雀さん »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 点描と線描のボディアートとして:

« “右の肩こり”の施術例 | トップページ | “うつ”と桂枝雀さん »