« 昇圧作用のある精油 | トップページ | 個性的な筋肉 »

2006年9月10日 (日)

タッチ&レスポンス 

 指圧やマッサージは、体の状態を感じ取って刺激を与えていくこと、そして刺激を与えた体の反応を感じ取って刺激を調整していくことです。

 クライアントの主訴や不安に対して返事をし続けることでもあります。それはタッチであっても、言葉であってもいいと思います。

 セラピストとクライアントの間に生まれる感覚は、セラピストの調整力に大きく関わってきます。痛いと感じさせてしまったら刺激を弱くする、気持ちよさそうにしていたら同じ事を続けるといった気配りのある対応をすることで、クライアントの信頼感は深まります。

 クライアントは、自分の体に対して丁寧に向き合ってくれるセラピストを選びます。疑問に対して的確な答えは出せなくても、セラピストはその場での自分なりのベストの返事をし続けることが大切です。それはタッチでも言葉でもいいのです。

 セラピストは決して豪華でなくても、よく磨かれた鏡であるように努力することです。クライアントの漠然とした不安の正体を写し出すことができれば、それだけでも苦しみを少しやわらげることができます。

 セラピストは錆や汚れを落とす努力が必要です。気分転換の達人になれなければ、他人様を癒している場合ではありません。波を鎮めた水面のような心にリセットして、また大きな不安を写し出していくのです。

|

« 昇圧作用のある精油 | トップページ | 個性的な筋肉 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチ&レスポンス :

« 昇圧作用のある精油 | トップページ | 個性的な筋肉 »