« 個性的な筋肉 | トップページ | ウォーミングアップが必要です。 »

2006年9月12日 (火)

自分を許してあげる時間

 緊張で張り詰めた体を見ていると、自分を許してあげる時間が必要だと思います。そして信頼できるセラピストに体を預けている時間は、許された時間なんだなと思います。

 背中が丸くなるのは、腰背部の筋肉の緊張だけでなく、内臓をかばう防御姿勢です。ストレスは筋肉や内臓に影響し、人間は内臓の痛みを軽減するために無意識に背中を丸めて圧をかけます。

 人間が仰向けに寝ることは脊柱の重力の負担を軽減し、緊張を解き放つ手段ですが、野生の動物が腹を上に向けて寝ることは、命を危険に曝すことになります。

 人間も本能的には頚動脈のある前頚部や腹部を触られることを好ましく思っていないはずです。指圧やマッサージで前頚部や腹部の施術が重要なのは、許された時間と認めていただくための信頼感を築きあげるポイントだからです。

 車の点検のように任せきるのではなく、自分の体の点検作業に付き合っていただき、確認し、理解していただくのが指圧であり、マッサージです。

 “この体なら、生きているのもそう悪くない”と感じていただけるように、疲れ果てた体には“よくやった”と認めてあげられるように、そんなふうにリフレッシュしていただくのが、手技療法の目指すところではないでしょうか。

|

« 個性的な筋肉 | トップページ | ウォーミングアップが必要です。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を許してあげる時間:

« 個性的な筋肉 | トップページ | ウォーミングアップが必要です。 »