« ソムリエの右肘痛 | トップページ | 長身の男性の背中は2ヶ所で曲がる »

2007年4月18日 (水)

左利きの大工さん

 一年以上前に一度だけ指圧をした女性から「いい所を知っている」と紹介されて来たのは60代の男性でした。

 まずその女性に感謝です。記憶に残るタッチをしたいと思っています。こんなふうに思い出してくださる方がたくさんいて、いつも有難いことだと思っています。

 男性は整形外科で「六十肩だ、これは治らない」と言われ、後ろから肩に電気をあてられ、内服薬2種類と外用薬をもらって帰ってきたそうです。良くならなかったので、薬も病院も1回でやめてしまったそうです。

 痛みがあるのは左前胸部で、2週間前の夜中に突然の痛みで目が覚めて以来、痛みが続いています。狭心症も疑ってみたほうがいいと思いますが、脈に異常はなく、健康診断でも異常なし、日常生活で息切れがするということもないそうです。

 座位で左肩の関節運動をすると内転・内旋で痛みがあります。上肢を下垂して後ろから前に肩を動かす時にも痛みがあります。これは明らかに大胸筋の痛みです。典型的な『五十肩(六十肩)』のように、肩関節の挙上や外転・外旋で痛みはありません。

 私なら後ろから電気をあてません。

 男性は左肩が下がっています。「左肩が下がっているのは珍しいですね」と言うと「左利き」なのだそうです。

 手仕事を体の前でする、手掌を下に向けるという時には、肩関節の内転・内旋を伴い大胸筋が緊張します。

 左母指の末節骨は職人の歴史の中で変形し肥大したようです。組合の役職もまかされ、県議、市議と選挙が続くので、建築関係の仕事をしているととても忙しいようです。

 横臥、伏臥、仰臥と指圧をしましたが、ほとんど眠っていました。左鎖骨部大胸筋には硬結があり、長い間にできた“仕事の筋肉”だと感じました。過度のストレスが筋肉の痛みと神経の痛みを生み出していたのでしょう。

 施術後、しばらく眠りから覚めないような状態でしたが、ゆっくりと起き上がって左肩の関節運動をすると痛みはなくなっていました。

 ポケットのたくさんついた作業ズボンにはペンキがついていて、肩を回しながら白い軽トラックで帰っていかれました。小雨混じりの天気で仕事が休みなので指圧に来れたということですが、選挙期間中は本当の休みはないのかもしれません。お大事に。またお待ちしております。

|

« ソムリエの右肘痛 | トップページ | 長身の男性の背中は2ヶ所で曲がる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左利きの大工さん:

» マイクロ ダイエット [マイクロ ダイエット.com]
マイクロ ダイエットの情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 14時09分

« ソムリエの右肘痛 | トップページ | 長身の男性の背中は2ヶ所で曲がる »