« 脊髄係留症候群による腰痛 | トップページ | 仕事の連鎖 »

2007年6月10日 (日)

ストレッチの効果

 半年ぶりに指圧にいらっしゃた男性の体の状態が随分と良いので聞いてみると、ここで教わったストレッチを続けていたのだそうです。

 半年前と言えば一月なので、冷えもこりも手強いという印象がありました。片方の腎臓摘出手術を受けている方なので、血液循環だけでなく消化器内臓の状態もあまり良くないと感じていました。

 ところが、椅子に座った時から背筋が伸びていて、姿勢に気をつけていることがわかります。パソコンの仕事をする長身の男性にしては、こりの程度は軽いものです。

 とは言っても、探してみると深部のこりや長い間の疲労に触れるので、全身を指圧やストレッチでゆるめていきます。

 冷えはなく、むくみもほとんど問題にしなくてもいい程度ですから、血行の良さと指圧でますます体はゆるみます。おなかもドキドキや硬さがなく、内臓の働きは良さそうです。

 左膝が痛いというので、大腿四頭筋の衰えを指摘して、大股で歩くことを勧めて施術を終えました。指圧と下肢伸展のストレッチで膝の痛みはなくなったようです。

 私も毎日ストレッチをしています。体の疲れは入浴と朝のストレッチとウォーキングでほとんど解消することができます。だから私の体をゆるめる方法を教えるのですが、それを実践し、それでも足りなければ指圧に来るという方が一番嬉しいお客様です。

|

« 脊髄係留症候群による腰痛 | トップページ | 仕事の連鎖 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレッチの効果:

» 腰痛グッズって効果は? [腰痛グッズで腰痛治療!体操やベルト、コルセットも原因を確かめ試してみよう]
腰痛グッズの中には、これって一体何に効果があるのと思ってしまうものが結構な数ある... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 12時52分

« 脊髄係留症候群による腰痛 | トップページ | 仕事の連鎖 »