« 触圧刺激で神経をストレッチする | トップページ | 脊髄係留症候群による腰痛 »

2007年6月 8日 (金)

安心できる時間の提供

 “眠れるようなタッチ”ができれば、その施術は効果があったと言っていいと思います。緊張からの解放、不安を一瞬でも忘れるということは体にとって大切なことです。

 リラックスできている人は周囲をリラックスさせることができます。“あの人を見ているだけで元気がもらえる”という人が、組織や地域を活性化させていることがあります。

 お母さんがリラックスできていれば、子供は安心できるものです。

 逆にイライラや不安を抱えた人は、周囲にマイナスな雰囲気を発散します。

 何年も前に社会保険事務所を訪れた時の対応に、これではここに来る人たちを不安にさせてしまうと感じました。その混雑ぶりやお役所的な対応は現在も改善されていないようです。

 年金問題では、民間では許されないような社会保険庁のミスが発覚しています。これで多くの人が安心できなくなりました。

 例の介護の大手の問題も、福祉と企業の営利活動という両輪のうち、不正を含めた営利の追求が、多くの人を不安にしてしまいました。

 安心して眠ることができないようなサービスは、何かが間違っているようです。自分がリラックスできていなければ、誰かをリラックスさせることは難しいことです。

 まず自分をリラックスさせて、ひとりづつその影響を広げていく、タッチでできることはとても地道な作業ですが、こんな時こそ安心できる時間を提供することが必要だと感じます。

|

« 触圧刺激で神経をストレッチする | トップページ | 脊髄係留症候群による腰痛 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安心できる時間の提供:

« 触圧刺激で神経をストレッチする | トップページ | 脊髄係留症候群による腰痛 »