« 耳鳴り-めまいのないメニエール病?- | トップページ | 肝の経絡に刺激が走るのを見た。 »

2008年3月17日 (月)

春のタッチ

 二日続けて同じことを言われました。足りないと思って最後に座位の指圧で施術のフォローしていたら「もう楽になったから大丈夫ですよ、また来ますから」と。

 「すごく長く指圧してもらったような気がする…」、これは施術から30分で言われました。

 “痛い思いをさせて体を緊張させてはいけない”というのがメインテーマなので、施術を『早く終わってほしい』と感じさせてはいないという自負があるのですが、『十分過ぎる』と思われていたら問題です。

 気候が暖かくなって体が冬場よりもゆるみやすいということもあるでしょう。

 その場で十分満足する刺激は“もの足りないくらい”という適量刺激を超えて、後で余分な刺激が疲労となることもあります。

 満腹感も触圧刺激も、脳に伝達されて自分が“思い知るまで”時間がかかります。

 冬のタッチのままではいけないと思いました。“もの足りないくらい”で終えて、しばらくして十分な満足感のある“春のタッチ”にしなければ。

|

« 耳鳴り-めまいのないメニエール病?- | トップページ | 肝の経絡に刺激が走るのを見た。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のタッチ:

« 耳鳴り-めまいのないメニエール病?- | トップページ | 肝の経絡に刺激が走るのを見た。 »