« 「今、気功を…整体を…受けている…」 | トップページ | 3月10日はミントの日 »

2008年3月 9日 (日)

ミドルトリップ(外へ踏み出す、内へ向かう、プラットホームとしてのタッチ)

 私はクライアントを、『その時の“マイベスト”な状態に調整する』ように施術しています。

 至らないことも多々ありますが、推察し、想像し、自分に置き換えながら調整の加減をしています。

 クライアントのタイプを大きく分けると、外へ向かう力が消耗してしまった方と、自分の内側を顧みることのなかった方がいることに気づきます。

 タッチの世界は(指圧をしていると)、外へ向かういわゆる“旅”と、“自分の内面へ向かう旅(インナートリップ)”の中間にあるように思います。

 施術をきっかけとしてフットワーク軽く旅立つ人や、自分の内面へ興味が向かう人を見てきました。

 新しいサプライズが必要な人、心や体の整理をしなけらばならないことに気づいた人、タッチ(手技療法)は、外と内へ目を向けることのバランスを調整します。

 昨日指圧をしていて思いました。これは“ミドルトリップ”です。私は外と内へ向かう中間の駅のプラットホームにいました。

|

« 「今、気功を…整体を…受けている…」 | トップページ | 3月10日はミントの日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミドルトリップ(外へ踏み出す、内へ向かう、プラットホームとしてのタッチ):

« 「今、気功を…整体を…受けている…」 | トップページ | 3月10日はミントの日 »