« 内臓を圧す | トップページ | 喉の痛みが内踝の『太谿』に出ること »

2008年7月 9日 (水)

体の使い方のシュミレーションをしておく

 電話で予約を頂く事の利点は、症状に関連する筋肉の使い方について考える時間があることです。

 昨日ヴァイオリニストの方の予約を頂きましたので、しばらくはクラッシクコンサートの映像を意識して見たり、自分で筋肉の使い方を実際にやってみたりすることになります。

 まだ電話での印象だけですが、ヴァイオリンを挟む顎の反対側の胸鎖乳突筋と、弓に添える示指伸筋、腕を動かす大胸筋、肩甲下筋、棘下筋、広背筋など、イメージとして施術のポイントがいくつか浮かんでいます。

 しかし実際に施術をしていくと、腰であったり、下肢であったり、骨盤内臓の問題がポイントになるケースが多いものです。

 日本にいる一ヶ月の間に、症状を改善できるようにしたいと思います。

 アーティストの体やアスリートの体は、練習を積み重ねてできあがっているので、勤続疲労の状態にあります。

 適切なオーダーメードのストレッチも、施術をしながら考えていきたいと思います。

 体に不安がなく、最高のパフォーマンスが出来る状態にする事が、セラピスト冥利というものでしょう。

 こんな田舎のセラピストでも、繊細な感性を持つ方々が訪ねてくれます。

 昔から言っていますが、誰にも芸風があり、セラピストの“芸風”がお客様(客層)を決めます。

 私の場合はどちらかと言えば、繊細な人向きの芸風のようです。

|

« 内臓を圧す | トップページ | 喉の痛みが内踝の『太谿』に出ること »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体の使い方のシュミレーションをしておく:

» 自腹deコスメ・サプリ体験記 [自腹deコスメ・サプリ体験記]
自然派コスメ・健康食品販売スタッフが自腹でリピートするとっておきの口コミ&体験レポート [続きを読む]

受信: 2008年7月 9日 (水) 11時10分

« 内臓を圧す | トップページ | 喉の痛みが内踝の『太谿』に出ること »