« 『タオルでマッサージが上手になる方法』はプロなら×! | トップページ | 肝の腫れ・中性脂肪が高かった »

2008年7月21日 (月)

ドクターフィッシュ体験

 初めてドクターフィッシュ体験をしました。

 ドクターフィッシュは「古くなった角質を食べる」「マッサージ効果がある」などと言われ、ドイツではアトピー性皮膚炎や乾癬の治療にも使われるれっきとしたセラピーなのだそうです。

 「始めはくすぐったいよ」とおじさんに言われたのですが、それほどでもなく、毎日の指圧の体重移動で角質化した踵と第1趾内側には、大量のドクターフィッシュが集まってきました。

 ピラニアでなくてよかったと思いました。

 ドクターフィッシュはコイ科の淡水魚なので成長すると14cmになるのだそうですが、ほとんどがその半分くらいの大きさです。成長すると警戒心が強くなって、人の足に集まらなくなるのだそうです。

 「低周波治療の効果もあると言われている」と、おじさんは延長料金を期待してか、効能を積み上げていきます。

 『ははぁーん、なるほど』、このおじさんの口調は縁日の露店で聞く独特のものです。

 今までは“金魚すくいのおじさん”だったと睨みました。足湯の水槽はそのまま金魚すくいも可能です。

 車に設備一式を積んで、全国温泉施設ツアーをしているのでしょう。

 “ドクターフィッシュは金になる!”、シンジケートが組まれ、きっとトルコあたりから大量の魚を輸入し、繁殖させ、日本中を“ドクターフィッシュのおじさん”が行脚しているのだと思います。

 そのことのほうが気になって、効果についてはイマイチよくわかりませんでした。

 魚が角質を食べてくれるから踵が滑らかになるというよりも、魚の粘液でヌメルということなのではないかという気もします。

 魚が足に群がる絵ヅラが気持ち悪い方には無理ですが、ドクターフィッシュセラピーはやって損をした気にはならないと思います。

 エンターテイメントとしてはなかなかのものです。

 

|

« 『タオルでマッサージが上手になる方法』はプロなら×! | トップページ | 肝の腫れ・中性脂肪が高かった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドクターフィッシュ体験:

« 『タオルでマッサージが上手になる方法』はプロなら×! | トップページ | 肝の腫れ・中性脂肪が高かった »