« タッチは“置きにいく” | トップページ | “なめこおろしそば”があって“おろしそば”はないという…。 »

2008年8月27日 (水)

クライアントの不安を“貰ってしまう”

 頭痛なり腰痛なり、クライアントの症状を貰ってしまうのは施術の姿勢に問題があると思っていますが、昨日はクライアントの不安が、かなりはっきりとした映像を結び、自分の不安のように残ってしまいました。決して誉められたことではありません。

 ほぼ半年ぶりに指圧にいらしゃった60代の女性、旦那さんに脳の海馬の異常が見つかり、初期のアルツハイマーで目が離せず、指圧に来ることができなかったとお話しになります。

 体の弱い女性だと思っていましたが、背中の筋肉は体力のある人のように硬くなっています。

 状況に鍛えられたということでしょうか。

 旦那さんがお酒を飲んで車を運転しようとし、その前に彼女が立ちはだかるシーン、その後親戚の家まで行ってしまったその居間の場面、言い争いになる家族、背中の指圧をしながら、かなりはっきりとした映像が浮かびました。

 人生の総決算とも言える時期にこそ、平穏な暮らしがガラガラと崩れそうな出来事が次々と襲ってくるようです。

 自分の健康の問題、家族の健康の問題、お金の問題、DV(家庭内暴力)…。

 背中を圧す行為は浄霊に近い性質を持つことがあります。ストレスというターゲットを筋肉のこりとして除いていくわけで、それをまともに貰ってしまっているようでは、セラピストとしては未熟だし、迂闊でした。

 『地位やお金があっても幸せな人生とは限らない。そこにも必ず葛藤や不幸があるでしょう。もしかしたら、いくつかの分かれ道でどのような選択をしていたとしても、この一つの人生以外を生きることはないのかもしれない…』、そんなことを話したりしながら指圧をしました。

 余計な事を言わなくても、彼女は今の状況に鍛えられ以前よりタフになっているようです。

 私こそ気分転換をしなければいけません。

|

« タッチは“置きにいく” | トップページ | “なめこおろしそば”があって“おろしそば”はないという…。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライアントの不安を“貰ってしまう”:

» 更に使いやすくなった マジックスリープ [自腹deコスメ・サプリ体験記]
美は一日にしてならず[:ぴかぴか:]オリンピックが終わった事を今朝初めて知った、こんにちわ!えいまんです[:たらーっ:]本当にスポーツが絡むことはウトくて。。。日本代表の選手が取ったメダルの合計は[:赤い旗:]金メダル 9個[:青い旗:]銀メダル 6個[:青い旗... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 14時55分

« タッチは“置きにいく” | トップページ | “なめこおろしそば”があって“おろしそば”はないという…。 »