« 右の肩こりは気づきにくい | トップページ | 来月のアロマ指圧講座・『がんこな肩こり・胸郭出口症候群』 »

2008年9月15日 (月)

足底内側のしびれは長母指屈筋を施術しておく

 糖尿病性末梢神経障害により足底内側がしびれる60代の男性、冷えはありません。

 足の底屈、母指(母趾)の底屈が突っ張る感じがし、明け方にふくらはぎがつったということです。

 この場合は、足と母趾の底屈をし、腓骨下部後面から始まり母趾末節骨底に停止する“長母指屈筋”を診ておきます。

 本人の感覚ほど硬くはないので、やはり糖尿病性末梢神経障害が疑われます。

 強く圧すと気持ちがいいようですが、それでは神経を停止させてしまうので、速く軽く、リズミカルな弱い刺激をします。

 これは糖尿病との闘いなので、タッチの刺激も長期戦の構えで望まないといけません。

 神経細胞は再生できませんが、神経線維は再生します。そのイメージで。

|

« 右の肩こりは気づきにくい | トップページ | 来月のアロマ指圧講座・『がんこな肩こり・胸郭出口症候群』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足底内側のしびれは長母指屈筋を施術しておく:

« 右の肩こりは気づきにくい | トップページ | 来月のアロマ指圧講座・『がんこな肩こり・胸郭出口症候群』 »