« 「いつもおなかを入れていただいて…」 | トップページ | 入院という一大事を前に… »

2008年9月 4日 (木)

下腿腎経のアロマトリートメントがへその両脇(腹部腎経)に伝わる

 昨日の生活の木・薬草香園のアロマ指圧講座のテーマは「月経不順のツボとアロマ」でした。

 下腹部のツボ『関元』にふわりと手掌を舞う羽根のように乗せ、『皮膚の表面に乗せただけ→手首から先の重さを乗せる→肘から先の重さを乗せる→肩から先、上肢の重さを乗せる』という圧の練習、そしてそれをクレッシェンド→デクレシェンドさせる漸増漸減圧をメインテーマとしました。

 今回は6回のシリーズの最後である腹部の施術なので、基本指圧のマニュアルも教えましたが“タッチ”そのものにこだわりました。

 理論にかない、意味を持ち、個性を乗せる、その上で、“気を配った丁寧なタッチでなければ共感は得られない”、私はそう思います。

 その後、クラリセージ1滴+ジュニパー1滴をスイートアーモンドオイル10mlに希釈した1%濃度のブレンドオイルを使った下腿のアロマオイルトリートメントをしました。

 足底の『湧泉』から足の内側→内踝外周→下腿内側後部に至る腎経のアロマオイルトリートメントでは、生徒さんのどなたの刺激でも、へその横5分の腹部腎経に血管性の動きが伝わってきました。

 これは私が被術者の腹部に両母指を置いて確認したのですが、腎の経絡が通っていく感じがわかり、正直なところ驚きました。

 実際にセラピストの仕事をしている生徒さんもいるのですが、経験の浅い生徒さんでもしっかりとした効果が感じられました。

 それだけに、ほぼ子宮の位置を通るこの腎経の施術と、通経作用のあるこの精油のブレンドは、絶対に妊婦さんにはしてはいけないのだと、心から納得することができました。

 また私が勉強をさせていただいた講座となりました。

|

« 「いつもおなかを入れていただいて…」 | トップページ | 入院という一大事を前に… »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下腿腎経のアロマトリートメントがへその両脇(腹部腎経)に伝わる:

» トラブル! [あっぱれ!日記]
美容についてブログを書いています! また見に来ます♪ [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 17時28分

« 「いつもおなかを入れていただいて…」 | トップページ | 入院という一大事を前に… »