« ギックリ腰を繰り返す、冷えの自覚がない男性 | トップページ | 今度の首相の口角も下がっている »

2008年9月27日 (土)

トリの胸肉が疲労に効く。

 疲労に効果がある物質の研究で、トリの胸肉が一番効果的だったそうです。

 そういえば韓国料理のサムゲタンは、トリ丸ごとの中に栗やもち米などを入れて、高麗人参やクコの実などを入れたスープで煮た、薬膳ともいえる料理です。胸肉から開いて、食べ始めるイメージがあります。

 脂肪が少なく、パサついた感のあるトリ胸肉ですが、蛋白質の質がとても良いのでしょう。

 肝臓からも心臓からも近い大胸筋、小胸筋は、筋肉に必要な栄養素を真っ先に摂り込めるから、疲労回復物質が多く含まれるのかもしれません。

 たまたま今度の生活の木の講座が“胸郭出口症候群”をテーマにしているので、その施術法を書いている時に、この話題を知りました。

 大胸筋は腕の内転筋として取り上げられることが多いと思いますが、過外転症候群の施術ポイントとなる小胸筋が、腕を伸ばして落とした物を拾う時に働くということは、覚えていないセラピストが多いのではないでしょうか。

 トリは物を拾わないけど、羽を胸の前内側に寄せることはあるな、などと思いながら、トリ胸肉が疲労回復に効くことを頭にインプットしました。

|

« ギックリ腰を繰り返す、冷えの自覚がない男性 | トップページ | 今度の首相の口角も下がっている »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリの胸肉が疲労に効く。:

« ギックリ腰を繰り返す、冷えの自覚がない男性 | トップページ | 今度の首相の口角も下がっている »