« 献血ルームの超ベテランドクター | トップページ | 「いつもおなかを入れていただいて…」 »

2008年9月 2日 (火)

福田首相の顔のたるみ

 昨日は早く寝てしまったので、深夜に起きた時、福田首相の辞任をテレビのニュースで知りました。

 安倍前首相に続いて「またか!」と誰もが思うような、突然の辞任のニュースでした。

 一国の首相というポストが、しがみつくに値しないものだとすると、この国の危うい現状への不安が増してしまいます。

 『首相が辞められるのなら、裁判員を断れないのはおかしい』と反射的に思ってしまいました。

 前から気になっていたのが、福田首相の顔のたるみです。

 一国の顔である方なので、もう少しメンテナンスをされてもよいのではないかと思っていました。

 スタイリストをつけ、ボディメンテナンスもしていたら、御自分の気持ちも、国民の支持も違っていたと思います。

 指圧でも、フェイシャルの手技でも、短時間でもっと元気な顔が作れます。

 かつて吉田茂首相のお宅に、浪越徳治郎先生が指圧にうかがっていたというお話を聞いています。

 その時はお女中さんが団扇で扇いでくれていたそうです。

 “エクゼクティブ・ボディメイクを浸透させたい”、それは前から思っていましたが、絶対に必要なカテゴリーだと思います。

|

« 献血ルームの超ベテランドクター | トップページ | 「いつもおなかを入れていただいて…」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相の顔のたるみ:

« 献血ルームの超ベテランドクター | トップページ | 「いつもおなかを入れていただいて…」 »