« ボズ・スキャッグス的表現の変化 | トップページ | 指圧ギフト »

2009年3月16日 (月)

ETC取り付け76人待ち 助成金申請用紙足らず

 町内のカー用品のチェーン店に、ETC車載器を取り付けにいきました。

 助成が始まった最初の日曜日の午前中、最後の1台が残っていて、あまり人気の商品ではないようでしたが、これも何かの縁と購入しました。

 すると、取り付けは76人待ち、しかも助成金申請用紙がなくなっていて手続きもできず、後日電話連絡で取り付け日を連絡するとのことでした。

 大黒埠頭PAのETC無料取り付けキャンペーンには、限定50台に朝からたくさんの人が並び、インターネットの無料キャンペーンも取り付けまで2~3週間かかるということです。

 あっという間に『高速道路1000円』が決まって、助成金の期間も3月いっぱい、ETCをあわてて用意する人たちで混んで当たり前です。

 1~2回高速道路で遠出しても元がとれるかもしれないと思えば、それまでETCを必要と感じなかった人がETC取り付けに殺到します。

 料金所のETC遮断機のバーが何本折れるか?、休日の高速道路の渋滞、事故や逆走ドライバーの増加…。

 あぁこれが政治なのですねぇ。

 庶民感覚は切実に、経済的に、政治によって反応しました。

 76人目って、いつごろ私の車にETCが付くのでしょう?

|

« ボズ・スキャッグス的表現の変化 | トップページ | 指圧ギフト »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ETC取り付け76人待ち 助成金申請用紙足らず:

« ボズ・スキャッグス的表現の変化 | トップページ | 指圧ギフト »