« 高血圧の耳鳴り | トップページ | 骨盤から腰を曲げて畑仕事をする女性。 »

2009年5月10日 (日)

便秘に『天枢』『大巨』の軽い拳打のプラスで効果あり。

 便秘の指圧というと、「の」の字の9点の手掌圧から腹部20点の指圧、臍の周囲8点の指圧、S状結腸4点の手根圧…というように腹部の基本指圧をしていくことが胃腸管の走行を考えても有効です。

 しかし、それ以前に背部兪穴(はいぶゆけつ=背中にある内臓のツボ)を緩め、下肢、上肢の内臓の経絡を緩めることがあって、腹部の指圧は効果をもたらします。

 筋肉の緊張=交感神経の興奮を緩めてから、副交感神経支配の腹部に触れていくことで、副交感神経優位に切り替わりやすくなって、胃腸管運動が促進されます。

 便秘の場合、大腸特にS状結腸に注目したくなりますが、臍の周囲にポイントが見つかることがあります。

 胃経の臍の横2寸(受け手の母指第一関節の最も太い横幅が1寸)のツボ『天枢』とその下2寸の『大巨』に軽い拳打を加えてみます。

 当たった瞬間に引き上げるイメージで、まず自分のおなかで確かめておくとよいでしょう。

 便秘が3日目でビールもまずく、生姜湯を飲んでいたという60代の女性に、全身指圧プラスこの拳打をしたところ、おなかがグーッという音とともに動き出し、その夜はビールも美味しく飲めて、翌朝には写メに撮って見せたいほどの快便があったということです。

 もちろん、写メは見たくありませんと申し上げておきました。

|

« 高血圧の耳鳴り | トップページ | 骨盤から腰を曲げて畑仕事をする女性。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便秘に『天枢』『大巨』の軽い拳打のプラスで効果あり。:

« 高血圧の耳鳴り | トップページ | 骨盤から腰を曲げて畑仕事をする女性。 »