« 目の奥に頭痛と微熱。 | トップページ | 腰椎後弯で起こるギックリ腰の典型例。 »

2009年5月16日 (土)

 90代女性、転倒、左腰痛。

 まだ玄関を開ける前にチャイムが鳴り、別の部屋でとったインターホンに応答はなく、駆けつけるとドアを物凄い力でガチャガチャしていたのは、背中の曲がった高齢の女性でした。

 手押しのカートを杖代わりに歩いていて段差で転倒し、左腰が痛いとのことです。

 近所の方のようですが、通りを隔てた反対側に長く住んでいる方で、何回か擦れ違ったことがあるような気がしますが、こうしてお話しをするのは初めてです。

 散歩の途中に此処を見つけて看板の電話番号と営業時間をメモしていただいたようですが、予約はいただいていませんでした。

 どうやら接骨と間違えているようです。

 保険は医師の同意が必要で(今回は)使えないということと、接骨の治療とは違って、一時間くらいかけて体全体を指圧で伸ばすということを説明すると、返ってきた言葉が「まぁ恐ろしい!」…。

 『違う、違う!』、日本で一番恐ろしくないことをやろうとしているのをわかってもらえないで返すのは残念なので、持ち合わせがなければお金はいらないからということで指圧をさせていただきます(後でちゃんとお支払いしてくれました)。

 持っていた保険証を見せていただくと、大正一ケタ生まれの90代、今まで最年長のお客様です。

 子供は3人いるようですが、なんと一人で暮らしているようです。

 脈を診ると、1分間に120はあります。

 飲んでいる薬を聞いてみると、たくさんもらっているようですがちゃんと飲んでいない様子です。

 仰臥位で両膝を曲げておなかにつけるようにしても、左右に倒しても痛みはありません。股関節の関節運動も硬いなりに動かすことができ、痛みはありません。

 背中の曲がりが大きいので仰臥位では顎が上がってしまいます。

 仰臥位で指圧をしてまず感じるのは、O脚で細い下肢と、左中指から小指の氷のような冷たさです。

 この冷たい3指を指圧し、手で包み込んで温めていると、スーッという寝息が始まります。なかなかポイントというものが浮かんできませんでしたが、ここはツボの反応を示して、温めることが治療になるという感覚を持ちました。

 転倒で骨折まではなかったと思います。体重は左足にかかっているようで、背骨は円弧を描いて大きく曲がりながら左側屈しています。

 もともと左腰痛が起きやすい骨の変形です。

 全身の施術が終わりに近づくと「こんなにやってもらっちゃぁ先生に悪いよ。指が疲れるでしょう」と仰いますが、「誰が来てもこうだから…」と指圧のまとめに入ります。

 指圧が終わって、「いい先生に会えて今日はよかった」との言葉をいただき、手押しのカートにつかまりながら帰っていかれました。

 子供の頃の話、デイケアに通っている話、しっかりと頭は回転していました。

 “いい試合”にはなったと思います。90を過ぎた体に、何かしらの有意義な変化感じていただけたか、それはわかりません。

 お子さんの家に同居しないのは、住み慣れた家で暮らしたいということもあるでしょう。

 淡々と、“手強い相手”を見送ることができました。

|

« 目の奥に頭痛と微熱。 | トップページ | 腰椎後弯で起こるギックリ腰の典型例。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  90代女性、転倒、左腰痛。:

» 骨盤ダイエットクッション [骨盤ダイエット グッズ]
骨盤ダイエットクッション骨盤ダイエットクッション、これは一日15分座るだけで下半身太りやO脚が改善出来るというものです。骨盤ダイエットクッションには座るだけというものと、回転式のものがあります。一日15分座るだけですが、骨盤の開きやゆがみが激しい人... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 23時10分

« 目の奥に頭痛と微熱。 | トップページ | 腰椎後弯で起こるギックリ腰の典型例。 »