« 主訴は肩こり、しかし後から次々と…。 | トップページ | 神霊治療を掲げた家の野ざらしの仏壇 »

2009年6月 8日 (月)

「スーパーピアノレッスン」 巨匠ピレシュのタッチから学ぶ。

 NHK教育テレビで金曜の正午にマリア・ジョアン・ピレシュの「スーパーピアノレッスン」を再放送しています。

 非常に高度なタッチのニュアンスが要求され、レベルの高い少年少女がレッスンを受けながら“マシンガンのようにピアノを弾くな!”と叱られます。

 ピレシュはタッチが次々と譜面を追って進むことを良しとしません。

 気持ちを込め過ぎて感情に流されることも良しとしません。

 あのレッスンを受けたら相当へこむだろうと思います。

 私なら泣いてしまうか、ピアノが大嫌いになるか…。

 しかし、そこでピアノのタッチに求められていることは、私が手技療法のタッチに求めていることです。

 タッチのかえり(反響)を客観的に受け止めて、次のタッチに活かしていく、決しってマシンガンのように速いだけ、撃ちまくるだけではダメなのです。

 ピレシュは3回ほど、同じニュアンスの違いにダメ出しをしました。

 そしてその後かなり大目に見てのOKを出しました。

 音をたどるだけ、筋肉をたどるだけ、経絡をたどるだけ、それではダメです。

 簡単にできないことではあるけれど、そのニュアンスに近づこうとさせること、また近づこうとすることが大事です。

 ピレシュのタッチは“短い音が長く聴こえました”。

 手技療法のタッチもこれが大切なことです。短いタッチの持続を長くできるかどうか、これは技量を見極める一つの目安になります。

 次へ次へと進めるだけのタッチならマッサージ器でもいいのです。

|

« 主訴は肩こり、しかし後から次々と…。 | トップページ | 神霊治療を掲げた家の野ざらしの仏壇 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパーピアノレッスン」 巨匠ピレシュのタッチから学ぶ。:

« 主訴は肩こり、しかし後から次々と…。 | トップページ | 神霊治療を掲げた家の野ざらしの仏壇 »