« マイケル・ジャクソン死亡のニュース→ペプシコーラ シソ味 | トップページ | タッチは置きにいけ、痛みは動いていく。 »

2009年6月28日 (日)

介の字貼りにも一言。ハの次はヒのほうが…。

 『ハの字貼りより、介の字貼り』、この語呂の悪さといったら…。

 ヒラメ貼りに続くCMにもツッコミを入れておきましょう。

 僧帽筋にベタベタと貼るハの字貼りよりは、肩甲間部にも貼る介の字貼りのほうが丁寧ではあります(肩こり=僧帽筋という思い込みは正していかなければいけません)。

 どうせなら後頚部から横は2線にして“北”の字貼り、3線にして“非”の字貼りができます。

 この漢字にマイナスイメージを感じて残念なら、“ハ”の次は“ヒ”、ヒの字貼りにして、シンメトリック!とでも叫んでおけば左側もカバーします。

 後頚部から縦のラインを伸ばし、僧帽筋、棘上筋、棘下筋と横のラインも増やしたほうが、湿布薬もたくさん使ってもらえます(たくさん売るためにハの字を介の字にしたわけだけでもないでしょうが…)。

 “ハ”の次は“ヒ”、ほら、こっちのほうが語呂がいい。

 

|

« マイケル・ジャクソン死亡のニュース→ペプシコーラ シソ味 | トップページ | タッチは置きにいけ、痛みは動いていく。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介の字貼りにも一言。ハの次はヒのほうが…。:

« マイケル・ジャクソン死亡のニュース→ペプシコーラ シソ味 | トップページ | タッチは置きにいけ、痛みは動いていく。 »