« いきなり「膝が悪いでしょう」と言ったら驚かれたこと。 | トップページ | 子供の臓器移植を待つ母と、脳死の子供を育てる母の、子供を見る時の笑顔が同じだったこと。 »

2009年6月18日 (木)

生活の木 精油 有機ラベンダー・フランス産と有機ペパーミント。

 生活の木の有機精油(オーガニック・エッセンシャル・オイル)を初めて使ってみました。

 ラベンダー・フランス産とペパーミントの有機精油です。

 生活の木のフランス産ラベンダーは酸っぱい香りが勝っているという印象なので、もっぱらブルガリア産ラベンダーを愛用してきました。

 しかし、有機のラベンダー・フランス産はブルガリア産よりもリナロール、酢酸リナリルという主要成分が多く含まれるからか、よりマイルドな感じがします。

 また有機ペパーミントは従来のペパーミントよりもメントールやメントンといった刺激性のある主要成分が少なく、これもまたマイルドに感じられます。

 有機ペパーミントは庭に生えている雑草化したペパーミントとほぼ同じ香りなのである意味がっかりしましたが(雑草ほど生えているペパーミントももとはといえば生活の木(飯能)のビニールハウスから買ってきました)、アロママッサージに使うということになれば対象が拡がって使いやすいという感じがします。

 有機の精油がよりマイルドな香りになるとすると、刺激臭になる成分が増えるのは農薬の影響なのでしょうか?

 どちらかといえば有機にはこだわらないという考え方なのですが、値段が高いだけのことはあるなぁと感じました。

 肌に直接使うオイルマッサージでは有機精油が優れているかもしれません。

 現在、有機ラベンダー精油はフランス産だけなので、私としてはブルガリア産の発売を期待しています。

有機ラベンダー・フランス産10ml¥2,625(ラベンダー・フランス産10ml¥2,100)

有機ペパーミント10ml¥2,625(ペパーミント10ml¥1,785)

|

« いきなり「膝が悪いでしょう」と言ったら驚かれたこと。 | トップページ | 子供の臓器移植を待つ母と、脳死の子供を育てる母の、子供を見る時の笑顔が同じだったこと。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活の木 精油 有機ラベンダー・フランス産と有機ペパーミント。:

« いきなり「膝が悪いでしょう」と言ったら驚かれたこと。 | トップページ | 子供の臓器移植を待つ母と、脳死の子供を育てる母の、子供を見る時の笑顔が同じだったこと。 »