« 中古パソコン。 | トップページ | 昨日の『たけしの本当は怖い家庭の医学』 あのツボの捉え方では…。 »

2009年7月28日 (火)

関連に気づき瞬時に展開していく。

 パソコンが前のより速く動くようになりました。

 セキュリティのレベルを下げる表示が偶然開き、それを低にしたら午前中にはこのブログにもログインできるようになっていましたが、お願いしていたパソコンの出張サポートの方にその他の細かい設定をしていただき、とても快適なパソコンが出来上がりました。

 設定の様子を見ていて感心したことは、次々と関連するファイルを同時に展開し、いくつもの“窓”を覗きながら問題を解決していたことです。

 これは筋肉の緊張から→筋肉の起始・停止の位置→その運動→支配神経→経絡→周囲の経穴と指圧をしながら瞬時に考えることと似ています。

 診断即治療ですから、まず触れてみて刺激位置や刺激量を瞬時に調整します。

 パソコンの設定をしてくれた方も、コピーを巧みに使って、前のファイルに戻ったり、新しくファイルを開いたりしながら問題を解決していました。

 うまくいかないことが何度もあり、原因を考えたり、タイピングミスを訂正しながらもとにかく手が止まることはなく、その引き出しにはいくつもの技術がつまっていることがよくわかりました。

 中古のパソコンですが縁が合ってこの一台というものに妥当な価格で巡り会い、そして専門家の施術を経てすっかりリフレッシュしたようです。

 見ているだけで、私の体は完璧に軽くなりました。あれは施術です。

|

« 中古パソコン。 | トップページ | 昨日の『たけしの本当は怖い家庭の医学』 あのツボの捉え方では…。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関連に気づき瞬時に展開していく。:

« 中古パソコン。 | トップページ | 昨日の『たけしの本当は怖い家庭の医学』 あのツボの捉え方では…。 »