« “体調の悪い方はやらないでください”などのエクササイズのテロップって…。 | トップページ | 下肢ゼラニウムのオイルマッサージで静脈の血行改善。 »

2009年7月11日 (土)

タッチ=アナログの癒し効果

 タッチにはアナログの癒し効果があると言われています。

 この場合のアナログとは曖昧さを理解するという意味で使われています。

 デジタルの瞬間を切り取って数値化するという表現に対して、アナログは連続した量的変化を表現することができます。

 デジタル時計と昔ながらの大きなのっぽの古時計の違いは、デジタル化された物理療法機器(低周波治療器など)と“手当て”をする手技療法の特性との違いです。

 微妙にぶれることの心地良さは、自然界の波の音や渓流のせせらぎの音からもわかります。

 f分の1のゆらぎを持った手で触れるという行為は、刺激量の連続的な推移を示すものです。

 これがデジタルに近づいた時、タッチの特性は崩壊します。

 デジタルは呼吸を待ったり、リズムが走ったり、それを修正しようとしたりしません。

 「何故手で触れるのか?」、それは同調しようとタイミングを変えていくことに治療効果があるからです。

 人間は変わっていくもの、呼吸・脈拍・体温は変化していきます。

 微妙に変化する曖昧さを持った人間に、曖昧さを持った人間が同調しようとすることは尊い行為にまで高められていきます。

 わからない、迷う、それもアナログです。

 さて、そろそろ忙しい土曜日が幕を開けます。

|

« “体調の悪い方はやらないでください”などのエクササイズのテロップって…。 | トップページ | 下肢ゼラニウムのオイルマッサージで静脈の血行改善。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチ=アナログの癒し効果:

« “体調の悪い方はやらないでください”などのエクササイズのテロップって…。 | トップページ | 下肢ゼラニウムのオイルマッサージで静脈の血行改善。 »