« 腋窩のつまりも手のしびれの原因。 | トップページ | ふくらはぎに針が入っている人。 »

2009年8月29日 (土)

押すポットのあそびの最深部で止めて持続するイメージ。

 痛みを出さないタッチをするためには、筋肉のこりとの拮抗を強く圧し込んで破らないことが必要です。

 痛いタッチは体を緊張させるので、最終的には気持ちの良い全身指圧の効果に劣ります。

 押すポットのあそびの最深部、お湯の出るギリギリのところで体重移動を止めて持続するイメージをしてください(実際にお湯が入った状態でやるのは危険です)。

 こりを押し潰す前の状態で拮抗を保ってもそれが垂直圧であれば浸透します。

 体の柔軟性、指の形、下半身の安定、全て訓練されていないとできないことです。

 自分の体重を反動を使って全て預けてしまうようでは、思った以上にお客様の体を痛めつけるタッチをしています。

 ここに気づかないと効果よりも、害が大きいタッチになります。

|

« 腋窩のつまりも手のしびれの原因。 | トップページ | ふくらはぎに針が入っている人。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押すポットのあそびの最深部で止めて持続するイメージ。:

« 腋窩のつまりも手のしびれの原因。 | トップページ | ふくらはぎに針が入っている人。 »