« 「糖尿病が進んでいるのに…」「思い当たるのは指圧しか…」 | トップページ | 右脇腹に感じる急性腰痛、左足の使わな過ぎ。 »

2009年9月20日 (日)

脊柱管狭窄症レーザー手術10年待ち。

 脊柱管狭窄症で週に一回指圧をしている男性が、評判の先生のレーザー手術を問い合わせたところ、「10年待ちです」と告げられたそうです。

 60代の評判の名医が、10年後も手術をされているかどうか…?

 きっと後進の指導もされているので、やがては経験を積んだ名医が増えていくと思いますが、手術を受けるためにも健康で長生きしなければいけないという、何とも大変なことになっています。

 指圧を終えると、「気持ちいぃーっ!痛みがすっかり取れた!」と言って帰っていかれますが、それはその時点での本音であっても、やがて疲れが溜まれば痛みを抱えることになります。

 脊髄を傷つければ大変なことになる手術ですから、手術の数が多い先生のところに患者さんは集まります。

 体の負担が少なくてすむレーザー治療を希望する患者さんはたくさんいます。

 加齢による骨の変形が原因の脊柱管狭窄症には、誰もがなる可能性があります。

 あれっ、ヘタをすると、この男性を私は今後10年、毎週指圧することになるのかな?

|

« 「糖尿病が進んでいるのに…」「思い当たるのは指圧しか…」 | トップページ | 右脇腹に感じる急性腰痛、左足の使わな過ぎ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱管狭窄症レーザー手術10年待ち。:

« 「糖尿病が進んでいるのに…」「思い当たるのは指圧しか…」 | トップページ | 右脇腹に感じる急性腰痛、左足の使わな過ぎ。 »