« セラピストの体を作るには…。 | トップページ | マリリン・モンローは腰痛持ちだった。 »

2009年9月15日 (火)

自分の体との付き合い方に気づいた人。

 先日、「先生におまかせしたら私を治せますか?」と尋ねた女性の2回目の指圧です。

 頚を意識して真っ直ぐに起こしておくように気をつけているようで、これは大きな進歩です。

 椅子に座って姿勢を見ると、骨盤は後ろに倒れ、おなかを引っ込めておくことも意識できていません。

 一度に全てできるようになる人はまずいません。頚だけでも体に良い変化が起こってきます。

 前回の指圧後とても呼吸が楽になったということです。

 肺疾患がある方は、胸を拡げておくように姿勢を矯正してそれが持続できれば血液への酸素の供給効率を向上させることができます。

 肺循環が悪く運動不足なので、体全体の大循環の流れが滞っているわけです。

 しかしさっきまでタバコを吸っていたことはわかります。前回は命の危険を感じてタバコを吸わずにここまで来たのに、少し良くなるとコレです。

 伏臥位背部の指圧で、今回は湿った咳が出ることはありませんでした。

 タバコは簡単にはやめられないようですが、本数は激減させたようです。

 骨盤が後傾していたことにより腰の張りもありましたが、根深いこりではありませんでした。

 指圧中、余命の話になりました。

 私は「今日一日が無事に過ぎればそれで良しとする」、これを指圧をしてきたお客様を通して学びました。

 人間は一秒の判断ミスで命を落とすことも、不慮の事故で亡くなることもあります。

 痛みを忘れている時間があれば幸せなことです。

 明日できることは今日しない、それも痛みを持つ方たちには必要な考え方だと思います。

 あらかじめ準備して、今すべきことを今する、それが人生の総決算の時期の覚悟です。

 心を動かすことが少しはできたのか、彼女は私へのおまかせではなく、自分の体と付き合う覚悟ができたようです。

|

« セラピストの体を作るには…。 | トップページ | マリリン・モンローは腰痛持ちだった。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の体との付き合い方に気づいた人。:

» 骨盤の歪みについて [骨盤の歪み]
骨盤の歪みが体の姿勢や下半身太りに影響をもたらしている場合があります。 骨盤の歪みの簡単チェック方や骨盤の歪みについての情報をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 20時23分

» いびき [いびき]
いびきをかくことが習慣になっている人は、その原因をよく調べて早く対策しましょう。いびきの原因や対策などを紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年9月18日 (金) 15時43分

« セラピストの体を作るには…。 | トップページ | マリリン・モンローは腰痛持ちだった。 »