« 選挙区制も比例代表性も廃止して、入れたい人に投票できたら…。 | トップページ | 足をつっぱて大腿直筋起始部と腸脛靭帯下部の痛み。 »

2009年9月 1日 (火)

土下座はいらない。

 台風一過の爽やかな9月の朝、ウォーキングコースには雨の滴をまとった朝顔がまだ咲いていました。種類はブルーへブン(天上の青)でしょうか?

 気持ちの良い朝に歩きながら思い出したのが、選挙で土下座をする立候補者の映像です。

 あれは苦いものが込み上げてくるような、見苦しい姿でした。

 すがりつく、しがみつく、執着する、固執する、こういう精神状態にあるとき、気は病んでいます。

 病気になる前には、健全とはいえないことをしてしまいがちです。

 毅然として正面を向いて、健全な肉体と信頼の置ける眼差しと魅力的な発声で志を示していただければ、選挙活動は十分です。

 簡単に、そして何度も土に擦り付けることができるような頭でする土下座は単なる形で、土下座をする度に意味合いは消えていきます。

 教育的にもよくない、いじめの根っこはこんなところからも広がっていきます。

 “改心の股くぐり”などというものと同様に、土下座は屈辱的な行為です。

 一国の政(まつりごと)に関わろうとする者としてふさわしいかどうかを知るのに、土下座は必要ありません。

 土下座そのものがいらない。

 人間としての尊厳を捨ててまで議員様に執着する姿にはドン引きです。

 健康で姿勢の良い、潔い人間でありたいと思います。

|

« 選挙区制も比例代表性も廃止して、入れたい人に投票できたら…。 | トップページ | 足をつっぱて大腿直筋起始部と腸脛靭帯下部の痛み。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土下座はいらない。:

« 選挙区制も比例代表性も廃止して、入れたい人に投票できたら…。 | トップページ | 足をつっぱて大腿直筋起始部と腸脛靭帯下部の痛み。 »