« 一定の声を出しながらだと力が出ない事から分かるストレッチで息を吐く事の大切さ。 | トップページ | 坐骨神経痛で大腿二頭筋とひらめ筋外側の痛みが浮き上がってきた。 »

2009年11月26日 (木)

母指球屈筋腱の腱鞘炎が治った女性。

 「先日はありがとうございました。おかげさまで腱鞘炎は治りました。今度は肩を診ていただきたいので…」という電話を頂きました。

 時々一回の指圧では治りそうもないとこちらが思っても治ってしまう人がいて、こういう方は体の不調を次々と訴えるかわりに、その度に治ってしまうというようなことが起こります。

 安静にし過ぎて動かさないためにいつまでも症状が改善しないケースでは痛みの出ない範囲で動かすことで、使い過ぎで状態が悪ければ安静のアドバイスを守っていただくことで治るということがあります。

 怪我でプロスポーツを引退した選手が、練習をしなくなってしばらくしたら怪我が回復して『これならもっと現役を続けておけばよかった』という談話を耳にすることがあります。

 それほど体を酷使するのがプロスポーツということですが、その故障の中には体を休めることができれば回復する症状もあるはずです。

 子育て中のお母さんの抱っこによる腱鞘炎や手根管症候群も体の酷使と言えるでしょう。

 人間の体は、いろいろな管が刺激の連続によって詰まることがあります。

 傷の部分をはずして誘導的な指圧・マッサージによる血行促進と無理のない機能回復運動をしていれば、ある日詰まりがとれることがあります。

 それが一回の指圧で起こることもあり、ミラクルは何時起こるか油断はできません。

|

« 一定の声を出しながらだと力が出ない事から分かるストレッチで息を吐く事の大切さ。 | トップページ | 坐骨神経痛で大腿二頭筋とひらめ筋外側の痛みが浮き上がってきた。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母指球屈筋腱の腱鞘炎が治った女性。:

« 一定の声を出しながらだと力が出ない事から分かるストレッチで息を吐く事の大切さ。 | トップページ | 坐骨神経痛で大腿二頭筋とひらめ筋外側の痛みが浮き上がってきた。 »