« 遠赤外線の手。 | トップページ | 肩の奥の冷え。 »

2010年1月19日 (火)

波動を感じてくれる人。

 スピリチャルを掲げているわけではありませんが、波動を感じてくださる人がいます。

 それは縁のようなもので、たまたま入ったカフェに、たまたまではない自分好みの調度品が鎮座していて、BGMがはまっていて、自分好みのオールドスタイルの焙煎でドリップコーヒーが出てくるような…。

 香りであるとか、店名であるとか、看板であるとか、ドアであるとか、人となりがわかるような演出は、見えない店主のもとへお客様を誘うようです。

 昨日初めて指圧にいらした女性は、頚、肩、腰、膝に症状があり、片頭痛もありました。

 加齢による腰椎の後弯と、撫で肩で三角筋までのこりが特徴的な60代の女性です。

 簡単に言ってしまえば両手の使い過ぎによる脊柱両側のこりと、下半身の筋肉の使わな過ぎによる衰えが原因です。

 全身指圧後、腰椎の後弯は解消し生理的な前弯に戻っていました。脊柱の間隔が伸びたことで、片頭痛や頚から腰の症状も緩和されるはずです。

 仰臥位下肢伸展挙上の大腿四頭筋のエクササイズをすることで膝の症状は軽快すると思います。

 お得意様の紹介ということで来てくださったようで、指圧後に「先生のは気功ですか?」と質問されました。

 腹部指圧の振動圧法だけでなく、背部の指圧でも波動を感じたということですが、指圧とはそういうものです。

 気功とは言いませんし、波動とも言いませんが、母指の指紋部を背中に当てたらそれが円錐形に広がって腹部では広く圧されているように感じるテクニックが指圧です。

 私はそう理解して、それを感じて、そのような指圧をしようとしています。

 強く圧されたと感じないのに大きな圧がかかっている感覚、強く圧されたと感じないのに深く届いている感覚、これは重力を操るテクニックのうちです。

 ただそこに乗せた『治るといいねぇ、痛くないといいねぇ』という気持ちは気功なのかもしれません。

 波動を感じてくれる人は受け方が上手いのだといつも感心します。

 おそらく「助けてください」という素直な気持ちがあるから、波動を受け取るのだと思います。それもとても素晴らしい能力だと思います。

|

« 遠赤外線の手。 | トップページ | 肩の奥の冷え。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波動を感じてくれる人。:

« 遠赤外線の手。 | トップページ | 肩の奥の冷え。 »