« 松井秀喜選手のバットのグリップが1.8ミリ太くなったこと。 | トップページ | エストロゲン分泌を抑制し乳癌リスクを下げるためのイソフラボン。 »

2010年1月27日 (水)

犬の臭いがする。

 犬を飼っていることは前からうかがっていた女性、いつもはしない犬の臭いがします。

 ペットの毛が服についている人は時々いらっしゃいますが、ここまで犬の臭いが強い人はいません。

 疲れが溜まっている様子で、肩から腰の筋肉が硬く、上腹部中央に硬さと動悸があります。

 味覚がいつもと違うということなので、胃の反射として肩と腰の筋肉が硬くなっているとしてもいいのですが…。

 嗅覚も鈍くなっていて、犬の臭いに気づかないということもあるでしょう。

 このケースでは二つの心配があります。

 一つは御自分の(検査をしたほうがいいくらいの)胃の病気、もう一つはペットの体の状態がかなり悪いのではないかということ。

 毎日一緒に暮らしているペットの臭いには慣れていくものです。

 家で15年飼っていた犬の晩年の臭いを思い出しました。

|

« 松井秀喜選手のバットのグリップが1.8ミリ太くなったこと。 | トップページ | エストロゲン分泌を抑制し乳癌リスクを下げるためのイソフラボン。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の臭いがする。:

« 松井秀喜選手のバットのグリップが1.8ミリ太くなったこと。 | トップページ | エストロゲン分泌を抑制し乳癌リスクを下げるためのイソフラボン。 »