« フィギアスケート男子銅メダル 高橋大輔選手のリハビリ映像のタッチって? | トップページ | 走るおばあさん。 »

2010年2月22日 (月)

ストレスを数値化して計測するシステムが発売されるようですが…。

 1000分の1秒単位で心拍の間隔を測定し、ストレスを数値化するシステムが発売されます。

 メンタルヘルス関連の医療機関やカウンセリング施設での導入を見込んでいるようです。 

 交感神経が優位か副交感神経が優位かという自律神経のバランスを、脈拍や血圧や体温や発汗から判断できることは、生理学的に明らかですし、東洋医学でも当たり前に行われていることです。

 それを嘘発見器のように器械的、数値的に扱うのがこのストレス数値化のシステムということになります。

 ウチのようなタッチセラピーでも、メンタルヘルスやカウンセリングの専門家の先生のところでも、一般的にストレス数値の高い方が来て、ストレス数値を下げて帰っていきます。

 それができなければ、セラピーの効果がないか、セラピストが未熟か、重症か、ということです。

 このシステムをたくらみを持って使おうとすれば、始めにストレスを上げる対応をすることを考えるやからが出てくるかもしれません。

 心無い一言やワンタッチでそんなことは可能で、無礼な触り方をすれば一気にストレス数値は上がります。

 軽自動車くらいの価格、別にストレスを数値化しなくても…。

 肩の荷を降ろすための一言や、涙がこぼれるような奇跡のワンタッチ、私はそういうものを求めていたいと思います。

 アナログで手作り感があって、少し歪んでいるかもしれないけど、たなごころに温かく、ほっとできるような包まれ感もある、そういうものが提供できればいいなぁと思います。

|

« フィギアスケート男子銅メダル 高橋大輔選手のリハビリ映像のタッチって? | トップページ | 走るおばあさん。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレスを数値化して計測するシステムが発売されるようですが…。:

« フィギアスケート男子銅メダル 高橋大輔選手のリハビリ映像のタッチって? | トップページ | 走るおばあさん。 »