« 御相談があれば右下に“メール送信”もあります。 | トップページ | DV(家庭内暴力)被害者と強いマッサージを我慢する人は似ている。 »

2010年3月31日 (水)

脊柱管狭窄症手術後に痛みが残る人で、薬が効くのは2割。

 昨日もいわゆる“ぎっくり腰”の女性に指圧をしました。

 慢性腰痛の限界を超えて急性腰痛の症状が出ることはよくあります。昨日のケースもそうでした。

 介護や看護の仕事ではよくあることですが、右利きの人がベッドで寝ている患者さんを抱き起こす動作をする時には、上半身を曲げて右腕ですくうように、前斜め下の背中の下に手を入れます。

 これは主に右肩内転の動作ですから、大胸筋の他に右背部側面の広背筋を使います。

 この女性の背部で一番筋肉が緊張していたのは右腰椎上部のかなり外側ですから、右腕を外側から大きく回して内転させる動作が腰痛の悪化に大きく影響していたと考えられます。

 どちらかといえば仰向けに寝られなかったということなので、症状としては脊柱管狭窄症に近く、背中をぴったりと床につけるよりは、やや猫背気味のほうが痛みが軽減するようです。

 ただし、病院の画像検査では骨が神経を圧迫してはいなかったということです。

 咳をしても痛い、顔を洗うのにも腰が気になるということもあって、これは上体を屈曲する腸腰筋の問題だと考えられます。

 右鼡径動脈の脈が弱く、右大腿のむくみ、股関節の運動の硬さなどからも、右腸腰筋を使いたくなかったことがうかがえます。

 全身指圧後、立ち上がる動作や姿勢などでかなり痛みは軽減できました。

 症状悪化から3日目だということなので、指圧を受ける時期として適切です。

 運の良いことに症状は軽いほうだと思いました。

 痛みの出ない範囲で動いていくことでさらに良くなっていきます。

 今回は脊柱管狭窄症ではありませんが、坐骨神経症状などもあってそれに近い状態であったと思います。

 脊柱管狭窄症の手術後に痛みが残る人では、医療用麻薬などを使っても薬が効くのは2割だということです。

 神経が大きく傷ついてしまうと、手術をしても効果がないことがあるようです。

 今回のケースでは腹筋を使うことを意識できると、前後からの筋肉の支えによって腰痛は軽減できると思いました。

 背中側からの骨の圧迫はなくても、背筋だけを酷使していると脊柱管狭窄症のように神経を圧迫してしまうということがあると思います。

 

 

|

« 御相談があれば右下に“メール送信”もあります。 | トップページ | DV(家庭内暴力)被害者と強いマッサージを我慢する人は似ている。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱管狭窄症手術後に痛みが残る人で、薬が効くのは2割。:

« 御相談があれば右下に“メール送信”もあります。 | トップページ | DV(家庭内暴力)被害者と強いマッサージを我慢する人は似ている。 »