« 携帯メールの動作のほうがパソコンより肩こりにならない。 | トップページ | 手掌多汗症の交感神経切除手術後、他部位からの発汗増加で訴訟へ。 »

2010年3月12日 (金)

7キロダイエットして肩こりにならなくなった女性。

 60代の女性、半年ぶりの指圧です。

 ずいぶん痩せました。

 この半年で7キロダイエットできたとのこと。

 きっかけは血圧やコレステロール値をお医者様に指摘されたということのようですが、1日1万歩のウォーキングと野菜中心の食生活の効果はてきめんだったようです。

 肩を触診すると両肩とも緩んでいます。どうやら肩の力を抜いて手を使うことができるようになったようです。

 冷えもなく、ならば何故指圧に来る気になったかということですが、「今朝しばらく体を起こすことができなくなった」というのがその理由です。

 やっとの思いで起き上がり、動いているうちに体の強張りがとれていったというお話でした。

 彼女の脊中は丸く脊柱は大きく後弯しています。

 寝起きでは、脊柱管狭窄の症状が腰から下の神経を圧迫して起き上がれなくなったものと考えられます。

 このところの雪や急な気温上昇が自律神経を混乱させたことの影響もあると思います。

 両大腿二頭筋のこりと坐骨神経に沿った圧痛は、膝がしっかり伸ばせていなかったことを物語っています。

 毎日2匹の犬を散歩させているとのこと。雪の後の凍結した道では、膝を曲げて踏ん張ることも多かったでしょう。

 全身指圧をして、脊柱、股関節、膝関節と詰まりがストレッチされていく時に音が鳴りました。

 関節の短縮→神経の圧迫ということがあったようです。

 骨に加齢的な変形があれば様々な障害が起こります。ストレッチ不足なら寝ているうちに同じ姿勢による負荷で症状が悪化することもあります。

 よく指圧を思い出してくださいました。いざという時に思い出してくださる方が、とても大切なお客様です。

 しかしそういった主訴よりも、7キロダイエットのほうが強烈でした。

 7キロ痩せたことで肩こりがなくなり、代謝も向上して、脊柱の変形はありますが体調は良好のように感じました。良く変ったことがはっきりと感じられるダイエットです。

|

« 携帯メールの動作のほうがパソコンより肩こりにならない。 | トップページ | 手掌多汗症の交感神経切除手術後、他部位からの発汗増加で訴訟へ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7キロダイエットして肩こりにならなくなった女性。:

« 携帯メールの動作のほうがパソコンより肩こりにならない。 | トップページ | 手掌多汗症の交感神経切除手術後、他部位からの発汗増加で訴訟へ。 »