« 五十肩に逆張りの発想。内転筋・内旋筋を緩める指圧で効果あり。 | トップページ | 昨夜の方からまた夜に電話が…、でも。 »

2010年4月19日 (月)

脈拍120/分が指圧後には84/分に。

 昨夜、世の中は坂本龍馬をテレビで見ている頃の時間に、急患がありました。

 我ながら指圧に急患があることには、いつも不思議な気がします。

 病院の救急外来よりも指圧のほうが回復すると患者さんが思う病態というものがあるようです。

 70代女性、血圧160-85、脈拍は1分間に120を数えました。耳が真っ赤で、のぼせています。

 昨日から眠れない、頚と肩がこっているということが主訴ですが、脊柱はいつもより大きく後弯しています。

 どなたも経験するかもしれない問題の心労が原因のようですが、今の状態はじっとしていながら走り続けているようなものです。

 お話を聴きながら、頚、肩、背中の緊張を緩め、腰から坐骨神経にかけての緊張も緩めていきます。

 足首や足趾がいつもより硬く、おそらく同じ座位姿勢で、ずっと心配事を考えていたのではないかと思います。

 仰臥位の指圧が頭部までくると、耳の赤味は薄らいでのぼせは頚以下の血流改善によって下がっていったようです。

 指圧後帰り際に、「命が助かりました」と言われたのは、案外間違ってはいないかもしれません。

 この先には脳血管障害があります。

 脳卒中で亡くなる方の中には予兆を感じている方がいて、亡くなる前に綺麗に身辺整理をしていたという話は身内からも聞いています。

 ぬるくて気持ちの良い温泉に浸かっているような指圧をして、深部の血管まで拡げて、脈拍は1分間に84まで下げることができました。

 お話を聴き、それに受け答えながら、その心配事はそんなに心配してもどうにもならないことなんだというひとつの答えを腑に落とす、そういう時間になったと思います。

 それが救急外来にはないこと、降圧薬や抗不安薬や湿布ではできないことです。

|

« 五十肩に逆張りの発想。内転筋・内旋筋を緩める指圧で効果あり。 | トップページ | 昨夜の方からまた夜に電話が…、でも。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脈拍120/分が指圧後には84/分に。:

« 五十肩に逆張りの発想。内転筋・内旋筋を緩める指圧で効果あり。 | トップページ | 昨夜の方からまた夜に電話が…、でも。 »