« “重力波” アインシュタインの予測。 | トップページ | 熱中症の予防、日中外に出ない、運動もしない。 »

2010年7月21日 (水)

無重力ではストレッチができない。

 宇宙飛行士、野口聡一さんの記者会見でのコメントで注目したのは、「無重力では筋トレはできてもストレッチや柔軟体操はできない」ということです。

 無重力空間でも筋トレ(エクササイズ)として、関節を曲げないで筋肉に力を入れる等尺性収縮運動は可能でしょう。

 しかし関節の屈伸や回旋によるストレッチでは、関節から先の部位をおもりとして筋肉の伸展が行われます。

 無重力では肩から先の上肢を下に下げて僧帽筋のストレッチをしても、上肢がおもりにならないので僧帽筋は伸びません。

 なるほどなぁと思いました。

 しかしある筋肉の等尺性収縮運動はその拮抗筋のストレッチになります。

 そのような宇宙ストレッチの研究はこれから進んでいくことでしょう。

 宇宙からの帰還後のリハビリ期間が短縮できれば、より宇宙への旅は身近になります。

 『ストレッチに重力は不可欠』、宇宙飛行士野口さんの体験から学ぶことができました。

|

« “重力波” アインシュタインの予測。 | トップページ | 熱中症の予防、日中外に出ない、運動もしない。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無重力ではストレッチができない。:

« “重力波” アインシュタインの予測。 | トップページ | 熱中症の予防、日中外に出ない、運動もしない。 »