« 寝ていて足がつったという人が多くなりました。 | トップページ | 指節関節のストレッチ。 »

2010年7月28日 (水)

紫外線による目からの疲労。

 昨日のテレビ朝日『みんなの家庭の医学』では疲労物質“FF”がテーマでした。

 トリ胸肉に多く含まれるイミダペプチド+ビタミンCが疲労回復に効果があることなどがその内容でした。

 その他に紫外線は肌のトラブルの原因になるだけでなく、目からも体内に影響を与え、疲労物質を溜める原因になるということなどをあげていました。

 夏の強い日射しの中では確かにサングラスをしているほうがしのぎやすい感じがあります。

 瞳孔反射がなくなって散瞳になれば死を意味しますから、光の刺激で副交感神経である動眼神経が働いて縮瞳するのは大切な防衛反応です。

 裸眼よりはサングラスで紫外線対策をしていたほうが、疲労物質を溜めにくいということはあると思います。

 おそらく健康のためには子供たちも全員サングラスをしたほうがいいのでしょう。

 渡り鳥がタフであることからトリ胸肉のイミダペプチドの研究がされたということですから、これは人間でも大胸筋が豊かな人のほうが疲れにくいということは言えると思います。

 トリ胸肉を食べるだけでなく、大胸筋(及びその他の筋肉)を鍛えるということは、バストアップにもなり夏バテ予防にもなりそうです。

 もちろん屋外ではサングラスをして。

|

« 寝ていて足がつったという人が多くなりました。 | トップページ | 指節関節のストレッチ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫外線による目からの疲労。:

« 寝ていて足がつったという人が多くなりました。 | トップページ | 指節関節のストレッチ。 »