« むずむず足症候群に鉄分補給とドーパミン作動薬、マッサージも効果が。 | トップページ | 腰痛には良く、肩こりに悪い姿勢もある。 »

2010年10月 8日 (金)

癌患者の家族や友人の葛藤。

 昨日指圧した方のお友だちは癌の闘病中で、触っても熱くないのに体の中に熱を感じるという「むずむず足症候群」のような症状があるということでした。

 お話しをしている間は紛れているということなので、癌患者さんの中にも些細な感覚刺激の伝達を過剰に受け取ってしまうということがあるようです。

 友人として何ができるかと考えているようでしたが、「お話し相手になるだけでも十分力になっています」と申し上げました。

 もうひとり、娘さんが抗癌剤の治療中だという方にも指圧をしました。

 御自身も体調がすぐれず、幼い子供のいる娘さんの癌のことを考えると、夜も眠れないような状態だそうです。

 子育て中の経済状況に金銭援助を申し出たところ、娘さんの旦那さんがいい返事をしなかったとか。

 娘さんは有機野菜の食事療法に希望を見出しているようで、そのためや家事に人を頼むなど、少しでも体を休ませてあげたいという母心なのですが、旦那さんはそういうことがストレスの軽減につながり免疫力向上の力になることまでは考えが及んでいないようです。

 「自分にやることがある、自分の役割があることは、生きる力になります。有機野菜を食べることは体に良いことをしていると意識づけができるので、それは体の薬になります」、帰りがけに玄関でこのようなことを申し上げました。

 言葉の薬が搾り出せるか、いつもそれを考えます。

 ここは大きな溜息を置いていく場所、そして気持ちを新たに帰っていく場所です。

 今朝は癌患者さんの往診から一日が始まります。

|

« むずむず足症候群に鉄分補給とドーパミン作動薬、マッサージも効果が。 | トップページ | 腰痛には良く、肩こりに悪い姿勢もある。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癌患者の家族や友人の葛藤。:

« むずむず足症候群に鉄分補給とドーパミン作動薬、マッサージも効果が。 | トップページ | 腰痛には良く、肩こりに悪い姿勢もある。 »